前職ではチーフディレクターとして

映像制作者の管理・教育をしていました。

現在注力しているのは出向型の

コンサルティングや教育マネジメント。

現場の立ち回りや番組構成の指導、

工数の可視化や制作チーム編成の最適化などの

お手伝いをさせて頂きつつ、

不定期ながら、ワークショップや

イベント講演などもお受けしています。

小さい頃から競馬に縁が深かった事もあり、

多くの引退競走馬の行方が

分からなくなっているという課題を

主軸に据えたドキュメンタリー映画

『今日もどこかで馬は生まれる』を企画し、

監督・編集を担当。

こちらはクラウドファンディングにて

210名の方々から270万円ほど寄付を頂いて

完成させた作品です。

馬にまつわる制作活動は僕にとって

ライフワークであると思っています。

これまでディレクターとして、

日経CNBCやTOKYO MX放送の、

テレビ番組を約30本、

Web番組を約100本、

企業VPを約20本、手掛けてきました。

全てに共通しているのは

「しごとのドキュメンタリー」

であるということ。

ビジネス系を得意とし、リアリティと

ストーリー性のあるものを

意識して制作しています。

1.Hito

2.Uma

3.Shigoto

映画『今日もどこかで馬は生まれる』ほか、TV番組やオンデマンドメディアを中心に映像制作とコンサルティングを行っている、平林健一のWEBサイトです。

© Hirabayashi Kenichi  All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon